Advice about life overseas


留学アドバイス(現地生活)


・留学希望者の方へ実例としてお伝えしたい現地生活全般でのご注意事項です。


第五話 語学習得の目的で日本人同志で固まるなんて信じられないあなたへ

皆さん最初は現地語学学校を選択するために、日本人比率の少なさを重要項目としていたのに...でははなんで日本人同士で固まるのでしょうか...

過去の実例として…

多くの日本人の留学サポートをしてきた私ですが、ほとんどの方が日本人の割合が少ないスクールを希望されます。せっかく海外で語学を学びに行くのだから、当然のことだと思います。しかしながら、皆さん現地へ行く前の想像と現地に行ってからの現実とは違うようです。これは、恐らくどれだけ自分を英語(or他言語)の環境に追い込むかの問題かもしれませんね。つまり、辛い環境にどれだけ追い込むかの問題です。英語(or 他言語)力を抜きにしても、他国と日本文化の違いがこの問題に大きく関係してくるのだと思います。やはり通常では、言葉がなくてもそのしぐさなどで相手の気持ちが読み取れる場合もあり、また当然生活背景が同じ日本人同士は気をつかわないので、はっきり言って楽です。次にお付き合いが楽なのは、日本にいる時はそうは感じないかもしれませんが、隣国である韓国、中国、台湾などのアジア人です。西洋人と比べると、その思想ははるかに日本に近いように思えます。その文化背景からよく言われることですが、一般的には西洋人が目的遂行を第一に考えるゆえの個人主義的なのに対して、自営農業ではなく集団農業を行っていた歴史をもつアジア人は他者に対して注意を払い調和を大事にします。海外では日本と言葉も文化も違う土地で、日本にいる時よりも周りに気をつかって生活をすることになりますが、友人関係だけは日本人やアジア人とお付き合いすることで、かなり楽になるのです。アジア人の方とお付き合いすることは日本語を使わないので、お互い語学の勉強になり、悪いことではありません。しかしながら、特にその国の語学を学びに語学学校へ長期通学する場合、日本人で固まって日本語で常時会話をすることだけは避けて頂いたほうがよいかと思います。ましてや、アパート生活でハウスメイトが日本人の場合、自分たちにとってより美味しい日本食を料理し、授業以外は仲の良いハウスメイトと日本語でお話をする留学(遊学)生活になり兼ねません。このケースにおいては留学期間の生活はとても楽でその時は良いかもしれませんが、いざ帰国となり日常会話の簡単なフレーズぐらいしか習得できてない自分に気付かされます。こうなると、留学費用がほんとうに無駄に近い状況となり、「あれだけ海外にいたんだから帰国後流暢に外国語を話して当然!」という世間の厳しい目をごまかしながら日本で生活していかなければいけなくなります。人によっては留学した過去を隠して生きる人もいるかもしれません。でも、どこかに就職する場合など、履歴書に留学した期間を記載しないわけにはいけません。そうなると、語学力がない場合、現地で勉強してきてないことが面接官に分かってしまい、かなり就職に不利な状況となることは明らかだと思います。こうなると、就職を有利にするための留学が、就職を不利にするための留学へと逆転してしまいます。私は、長期語学研修参加の皆さんへ日本出発前にいつもこう言います。「授業、滞在先など何も心配ないから、とにかく自分が思う帰国後の理想の自分をいつも思い描いて、語学習得に集中してください。心配しなければいけないのは自分自身なんです。」と。留学とはまさに、「苦あれば楽あり楽あれば苦あり」の世界です。